読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロックチェーン&暗号通貨の調査記録用紙

Bitcoin、NEMを始めとする暗号通貨の基盤となっているブロックチェーン技術や暗号通貨自身の情報まとめ

ビットコインのオプション取引(リスクヘッジ方法)

ビットコイン相場、急騰していますね。
こういう時に怖いのが、突然の急落⇩⇩⇩

長期的には上昇すると思うんだけど、
急落したら怖いな。

という場合に、保険(リスクヘッジ)としてオプション取引を使う方法があります。

coinut.com というサイトで、
オプション取引や(為替FX等でよくある)バイナリーオプション取引ができます。
登録方法は、別記事を書いていますでそちらを参照して下さい。

登録すると、約300円分のBTCが無料で貰えますので、
お試しで登録しても損はないですよ。

f:id:materia-x64:20160612165943p:plain

オプション取引をやってみる

ログイン後、取引画面が表示されます。
f:id:materia-x64:20160612171559p:plain

オプション取引は、取引方法の組み合わせが沢山ありますが
ここでは「相場急落に備えたオプション取引」をやってみます。

1. オプション取引の種類を選ぶ

coinut.comは、普通のオプション取引とバイナリーオプション取引の2種類がありますが、今回は、普通のオプション取引を行いますので
左下の選択肢から、バニラオプション(VANILLA OPTIONS)を選択します。
f:id:materia-x64:20160612173318p:plain

2. 有効期間を選ぶ

オプションの有効期限を選択します。
1週間、2週間、3週間、7週間(翌月末?)の4種類があります。
期限が長いほど、オプションの価格は高くなります。(時間的価値)
f:id:materia-x64:20160612173619p:plain
今回は、1週間後に期限を迎えるオプションを選びました。

3. 権利行使価格を選ぶ

以下の、価格表の真ん中にあるStrikeが権利行使価格となります。
620ドルから650ドルまで5ドル刻みになっています。

f:id:materia-x64:20160612174709p:plain

4. コールかプット、買うのか売るのかを選ぶ

左の価格表がコール(買う権利)の価格表
右の価格表がプット(売る権利)の価格表です。
相場急落」に備えますので、プット(売る権利)買います。

5. 取引条件を入力

価格表の下に取引条件を入力する欄があります。
取引条件は、3種類。権利執行価格・取引方法・取引数量です。
f:id:materia-x64:20160612180142p:plain

Strikeをクリックするか、プルダウンのStrike Priceから希望する値段を決めます。
権利行使価格は、625ドルにしました。
Order type(取引方法)は、Market order(成行注文)
Amount(取引数量)は、1枚です。(1枚あたり、0.01BTC分の権利になります)

条件を入力したら、左右の【BUY】【SELL】をポチッと。
今回は権利を買いますので、【BUY】です。

6. 最終確認画面

入力した内容の確認画面が表示されます。
内容が間違っていないか、確認して【OK】を押しましょう。
f:id:materia-x64:20160612181524p:plain

最終確認です。
成行で、1枚分買うけどOK?
表の中:有効期限[2016-06-19]、条件[PUTで625ドル]

7. 購入完了

買えたら、ページの下にある『OPEN POSITIONS』に
現在保有している取引が表示されます。

f:id:materia-x64:20160612182514p:plain

8. 今回購入したオプションについて

今回購入したオプションは、
1週間後に相場が625ドル以下になっていれば、利益が出るオプションです。
これを1枚分(0.01BTC)、0.000266BTC(20円弱)で購入しました。

オプション購入価格を含めて、損益をグラフにすると以下のようになります。
大体、608ドル以下に相場が暴落しているとオプションは利益になります。
f:id:materia-x64:20160612190144p:plain

9. 最後に

今回は「相場急落に備えたオプション取引」を行いましたが、
色々なオプション取引の組み合わせで、数多くの相場に対応することが出来ます。
オプション取引を有効に活用して、変動する相場を乗り切りましょう!!